乾燥肌の保湿に人気のオススメ!10日お試しトライアルセットが900円から

乾燥肌の保湿に人気のオススメ!

↓10日お試しトライアルセットが900円から↓



乾燥肌と春夏秋冬

乾燥肌で悩まれている方が多いと思います。乾燥肌といっても原因がそれぞれ違いますし、また季節によって違いますよね。

乾燥肌になりやすい時期があるということはご存知ですか?

乾燥肌は春や夏よりも秋から冬にかけて乾燥肌になったり、乾燥がひどくなります。

これは季節的な考えですが、秋から冬は空気が乾燥します。そのため、肌(皮膚)の表面が空気の乾燥により、ざらつき、お肌の脂を奪っていきます。なので、かゆくなったり、お肌(皮膚)がボロボロになりやすいのです。

「季節的だから春夏になれば治るし、大丈夫」と思っていたら大間違いです。乾燥は一度お肌が覚えると忘れず、どんどん悪化していきます。

最初は軽度だったのに・・・と いう人が多い のです。そのままにしておけばしておくほど、お肌の水分(脂)が奪われ、季節関係なしに乾燥し始めます。

また、乾燥はお肌(顔)だけではなく、全身(体)にもいえることであり、放っておくと、強度のかゆみ・あかぎれ・ひび割れなどの症状がでて、体的にも精神的にもつらくなったりします。なので乾燥は早めの治療・ケアが大切です。

また季節的以外に乾燥肌には2つの原因があります。

「先天的(遺伝的)」な乾燥肌

1つは、「先天的(遺伝的)」な乾燥肌です。先天的というのは、先祖・祖父母・両親などからの遺伝子が根本的な原因です。生まれつき乾燥肌であったり、小さい頃から急にアレルギーのように乾燥し始めたという方は先天的な原因が強いはずです。
先天的の乾燥肌の方は完治するということが難しく(遺伝的なものなため、遺伝子をとるということができないため)長い付き合いになることが多いです。

あまり神経質にならずに、根気良く付き合っていかなければなりません。「乾燥をさせないようにする」ことはできるので、乾燥させないようにケアしていきましょう。また、自分ではどうしようもできないと、悩まずに専門家( 皮膚科など)に相談することも乾燥肌から逃れるひとつだと思います。ひとりで悩んでストレスをためることが一番身体にも、心にもよくないので、誰かに相談したり、前向きに考えましょう。

「後天的」な乾燥肌

もう1つは、「後天的」な乾燥肌です。後天的というのは、先天的とは違って、自分自身で引き起こしている乾燥肌です。簡単にいえば「完治することができる」「治せる」乾燥肌のことです。年齢や生活環境などが原因が主で、専門的な用語を使うと、角質細胞間脂質と皮脂の低下が原因といわれています。
そして、洗剤(洗顔など)や薬品などの過度使用による、お肌の機能の破壊され乾燥し始めます。これらは、自ら自分自身で治すことが可能です。生活習慣を見直したりしてみると原因がわかったり します。→例えば、洗顔を必要以上にしていませんか?洗顔はすればするほど、汚れを落とすとともに、角質や皮脂まで落とします。そこから乾燥が進み、洗顔して清潔にしているのに乾燥肌になる・・・というお話をよく聞きます。

洗顔は夜1回で丁寧に行い、朝は水洗顔(水だけで顔を洗う)だけで十分なのです。

あとはしっかり保湿(乾燥には保湿が1番大切)をすることでお肌はとても清潔で健康的です。
このように、実は自分で乾燥させている・・・というケースが多いです。(もちろん、それ以外にも季節的などあります)
なので生活習慣を見直してみましょう。

また乾燥は、お肌のスキンケア以外に、お部屋の湿度を高くしたり、加湿器を使ったりと、普段の生活からできることもたくさんあります。

お部屋の乾燥を防ぐことはお肌にも、身体にもとてもいいことです。乾燥がかなり気になるという方は、スキンケア以外も見直してみてはどうでしょうか。

そして乾燥肌には、保湿機能のあるものが必要です。

セラミドという保湿剤(成分)はとても乾燥に有効とされていますが、お値段的には高いです。

なので高いから、1回につき少量しか使ってないというならば意味のないお話です。乾燥には保湿が必要で少量でしか保湿しないのであれば、使っていないのと一緒です。
身近で手軽にお求め出来るものであれば、今では有名なヒアルロン酸が有効です。お値段も手軽ですし、お肌に吸収していきます。ちまちま、少量を使うより、たっぷりお肌に使用し、高い保湿力を目指してください。

また、背中などの身体には尿素配合の保湿剤(クリーム、オイル)をおすすめします。

ひざ、かかと、ひざなど皮膚が固いところの乾燥には、尿素が角質をやわら かくするため、乾燥に効果的といわれています。顔と身体で使い分けるのも大切なことです。
何をしても乾燥が進むというのであれば、皮膚科で相談したり、美容部員さんに相談するのも乾燥肌から逃れれる近道かもしれません。秋冬はとくに乾燥が進む季節なので、乾燥肌にならないように予防していきましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!